畳 ふすま 琉球畳 畳表替え 畳張替え 名古屋 西区 柴田製畳所

株式会社 柴田製畳所

株式会社 柴田製畳所

〒451-0014
名古屋市西区又穂町4-52-2
TEL:052-531-5445
FAX:052-531-7070
受付時間:8:00~17:30
定休日:日曜・祝日

柴田製畳所の考える「民泊」と「畳」のご提案



東京オリンピック開催に向けて注目が高まる「民泊」

民家に宿泊することを意味する「民泊」。
これはホテルや旅館といった宿泊施設の代わりに、一般住宅の空き部屋などに有料で旅行者を宿泊させるサービスです。ここ数年、日本に訪れる外国人観光客が急増し、「民泊」の宿泊スタイルに注目度が高まっています。

2016年度、訪日外国人観光客数は過去最高となる2,400万人を突破。前年度の1974万人と比べて21.8%増を記録し、それに比例してホテルの客室稼働率も右肩上がりです。

ところが、都心のホテルは慢性的な客室不足に。しかも、1泊5000円のビジネスホテルが繁忙期には1泊3万円という事例が出るほど、宿泊費はどんどん高騰。2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を目前に、宿泊施設の不足が大いに問題視されています。

そうした背景もあり、リーズナブルな価格で宿泊できる「民泊」の需要が大いに増えているのです。



「民泊」は今、スタンダードな旅のかたちに

「民泊」は、英語で表現するならホームステイといったイメージです。
主に、家主〈ホスト〉が所有する物件のお部屋を旅行者〈ゲスト〉がインターネット予約し、民泊仲介業者へ宿泊代を支払います。
〈ホスト〉である家主は〈ゲスト〉に対してWEBサイトに記載したサービスを提供し、民泊仲介業者から宿泊料を受け取るシステムです。

「空いている部屋や家を貸したい人」と「借りたい旅人」をつなぐ米国発「Airbnb(エアービーアンドビー)」は、代表的な民泊サイト。
現在、世界191カ国65,000以上の都市で利用され、「民泊」をスタンダードな旅のかたちへと広めています。



宿泊しながらリアルな日本文化が体験できる魅力。畳は特に好まれる傾向にあります。

ゲストにとっての「民泊」の魅力は、なんといっても宿泊費の安さ。そして、日本の生活や文化を宿泊を通して体験できるところにあります。

ホストにとっては所有するアパート等の空き室対策に最適です。
衛生や安全性、近隣住民とのトラブルなど、課題点もありますがこの民泊需要に伴って、徐々に法が整備されつつあります。

日本を体験するという点において畳はとても好まれています。
畳を敷いた和室は旅人に格別なくつろぎを与えてくれます。靴を脱いで裸足で歩き、ごろんと寝転ぶ心地よさ。ごはんの時間は食卓を置いてダイニングに、布団を敷けば寝室に早変わり。用途に合わせて柔軟に対応できるほか、畳は保温性や断熱効果にも優れ、夏は涼しく、冬は暖かく過ごし、日本の四季を肌で感じる。
そんな風に、リアルな日本のライフスタイルが体験できるのです。

空き室を有効活用しながら、「畳(たたみ)」とう日本の文化を訪日外国人観光客に伝える。
なおかつ、宿泊施設不足に貢献できる「民泊」は今後ますますの発展が期待される、新ビジネスと言えるでしょう。

民泊でも利用いただける「畳」に関してご興味のある際は、ぜひ柴田製畳所に気軽にお電話にてご相談ください。

フォームからのお問い合わせはこちらをクリック/お電話からのお問い合わせは052-531-5445 受付(平日+土) 8:00~17:30

畳の種類

畳は京都に発祥し、各地に分散していったため、地方によって1畳の大きさが異なり、さまざまな名称が付けられました。
京間(キョウマ)

京間(キョウマ)

サイズ/縦191cm 横95.5cm
分 布/関西以西
別 名/本間間(ホンケンマ)

六二間(ロクニマ)

六二間(ロクニマ)

サイズ/縦188cm 横94cm
分 布/九州
別 名/佐賀間(サガマ)

六一間(ロクイチマ)

六一間(ロクイチマ)

サイズ/縦185cm 横92.5cm
分 布/広島、山口県を中心に瀬戸内海沿岸部
別 名/安芸間(アキマ)

三六間(サブロクマ)

三六間(サブロクマ)

サイズ/縦182cm 横91cm
分 布/名古屋、岐阜方面、福島、山形、岩手と北陸地方の一部及び沖縄・奄美大島など
別 名/中京間(チュウキョウマ)

五八間(ゴハチマ)

五八間(ゴハチマ)

サイズ/縦176cm 横88cm
分 布/全国
別 名/江戸間(エドマ) 田舎間(イナカマ)

団地間(ダンチマ)

団地間(ダンチマ)

サイズ/縦170cm 横85cm
分 布/特に公団、団地アパートに多い
別 名/五六間(ゴロクマ)

フォームからのお問い合わせはこちらをクリック/お電話からのお問い合わせは052-531-5445 受付(平日+土) 8:00~17:30